DRAMA & MOVIE

海外ドラマと映画のネタバレ感想

ハウス・オブ・カード 野望の階段 HOUSE OF CARDS #23 #24

 日本の総理大臣

第23章(ウィキペディア参照 ネタバレあり
中国との貿易戦争は緊迫し、中国は日本にも圧力をかけはじめる。
同じ頃、フランクの家の傍で、大きなバッグを抱えた怪しい男をシークレットサービスが発見する。
この男は、元海兵隊員で、爆弾を仕掛けようとしていた。
以前、白い粉を送りつけたこともあると自白し、クレアの中絶への抗議行動だと説明。
フランクは、ミーチャムがクレアの護衛になるよう依頼。
タスクに復讐するため、フランクのチームはタスクとラナギンのカジノの関係を記者のサヤドにリークする。
サヤドは、資金洗浄の記事を書き、全国メディアが大きく取り上げる。
フランクの進言を受け入れ、大統領は特別検察官を任命し、ホワイトハウスとの関係を否定しようと決める。
スタンパーの忠告を無視し、リサはレイチェルと同居し始め、最終的にスタンパーも了承する。
ハッカーのオルセイは、密かにスタンパーの動きを追っていた。




第24章
断酒会の例会で、スタンパーはレイチェルへの執着を告白。
断酒会の参加者から、力になると名刺を渡される。
クレアは、シャープ議員とファーストレディーからの法案への支持を得られず、ミーガンに被害体験を公表させるが、ミーガンはまだ精神的に不安定だったことがインタビュー後に判る。
フランクに一喝されたスタンパーは、グレイソンとの関係を修復。
3人で協力し、過去の行動記録を特別捜査官の談バーに提出するための準備をし
フランクは、大統領も記録も提出するよう説得する。
ダントンは、タスクから命じられ、シャープ議員を脅し、フランクに不利な証言をさせようとするが、シャープ議員は拒否。
ダントンはシャープを守るため、フランクに、フランクへの攻撃を控える取引を行う。
ダンバーは、記録から大統領夫妻が夫婦関係のカウンセリングを受けていたことを知る。






第24章のラストの これ↑↑↑ には衝撃。
ミーチャムが、クレアに魅かれていることはわかっていたが、オッサン(副大統領)も参加し3人で。
翌朝、清々しい表情のアンダーウッド夫妻に呆れつつ、以前も似たような経験あったのかもなと考えた。




こちらもこちらで、こういう関係に。
レイチェルを愛するスタンパーは、なんと窓から行為中の2人を目撃し、大ショック。
スタンパーが、徐々にピーター化してきているので、二の舞にならぬよう心配しています。
ハッカーがスタンパーを監視しているのも、恐ろしい。


クレアが、ファーストレディに夫婦関係のカウンセリングを紹介した目的を知り、鳥肌が立った。
カウンセリングで語られる夫婦関係の秘密を知ることではなく、
大統領の行動記録から、カウンセリングの事実が判明することが目的だったようだ。
結局、ダントンもフランク側につくようになり、国内でフランクに勝てる人は、結局誰もいないのかもしれない。

シーズン2も残すところあと2話。
どんなシーズンフィナーレを迎えるのか、ワクワクしながら鑑賞します。


スポンサーサイト