DRAMA & MOVIE

海外ドラマと映画のネタバレ感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウス・オブ・カード 野望の階段 HOUSE OF CARDS S2 #31 #32

第31章(ウィキペディアあらすじ参照)
フランクは、コロンビア特別区の市長からアメリカ・ワークスへの支持を得る。
アメリカ合衆国国土安全保障長官を更迭し、FEMAを直接指揮して予算をアメリカ・ワークスに転用。
ダンバーがフランクにかけている圧力をそらすため、フランクはシャープに2016年の大統領選に出馬し、自分を攻撃するよう説得し、見返りに、ダンバーが選挙戦から降りた後にシャープを副大統領にすると約束。
シャープは、未婚であるために支持が得られないかと考え、アラン・クックと婚約することに。
スタンパーはダンバーに自分を売り込むため、クレアの暴行事件に関する書類をダンバーに見せる。ダンパーは女性をターゲットにはしない話すが、スタンパーを雇うことに決める。
クレアは、平和維持決議案への支持を得るために、大統領令でイスラエルに部隊を展開するようフランクに求める。ロシアは平和裏に妥協案を話し合うことに合意し、同性愛者を差別する法律に反対する活動をロシア国内で行い、逮捕されていたアメリカ人のコリガンを釈放も約束する。

第32章
フランクとクレアは、交渉のためにモスクワに飛ぶ。
クレアは、コリガンの独房に行き、違法活動をロシアに謝罪するのが釈放の条件だと説明するが、
コリガンは、ロシアが同性愛者を差別する法律を改正しない限り、釈放されなくてもよいとつっぱねる。
一方、両国の合意した声明をコリガンが出さない限り、ペトロフは釈放を認めず、国連決議の交渉もしようとしない。
コリガンが合意するまで、クレアはコリガンの独房から出ないと居座る。
オルセイは、病院で性病検査を受け、検査結果は陰性だったが、陽性であったとリサに嘘をつき同情させ、レイチェルに関する情報を聞き出す。
ペトロフは、個人的には同性愛を禁じる法律に反対だが、伝統と国民感情を重んじるため、法律を順守せざるを得ないとフランクに認める。その後、フランクとペトロフは、フランクの出す声明および国連決議についておうやく合意する。
独房で、疲れたクレアが眠っている間に、コリガンはクレアのスカーフを使い、自殺してしまう。
記者会見で、ペトロフとフランクが合意を発表する前に、クレアがコリガンへの哀悼の意を表すことに。
コリガンの考え、思いを聞いていたクレアは、ロシアの法律を非難して会見の席を立ち去る。
混乱したフランクはそのまま後を追い、アメリカとロシアは決裂する。






目的のため手段を選ばない夫妻だったはずだが、コリガンのようにどんな圧力にも屈しない
真っ直ぐな人物と出会い、クレアの正義感に灯がともったのかもしれない。
結果、自分の意見をガツンと言ったクレアに、大国の大統領2人がオロオロしてしまう事態に。
これは見ものだったはず。




もちろん帰りのエアフォースワンの中では大ゲンカに。
どうやらクレアはもう、離婚も考えているのかもしれない。
一番の理解者である妻のクレアにも邪魔され、フランクは立て直し不可能か?
ライバル達は一斉に叩いてくるだろうが、フランクに勝算はまだあるのだろうか?

ベーブ・ルースの名言「諦めない奴には誰も勝てないんだ。」ではないけれど
諦めないフランクは、追い込まれ苦しみながらも、決して大統領の椅子は譲らないはず。
かなり追い込まれているけれど、諦めず戦い、今後大逆転が起こるだろうと楽しみにしています。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。